2009年11月25日

CSR(企業の社会的責任)再考

社会研究部 上席研究員   百嶋 徹

文字サイズ

CSR(企業の社会的責任)という言葉はここ数年で急速に広まったが、企業不祥事は依然として後を絶たない。
このような中で社会変革の旗手として「社会起業家」への期待が高まっているが、本来は営利企業も高い社会性を有するべきだ。
営利企業は創業時の高い志に立ち返って、社会的ミッションの下で社会変革を起こすイノベーションを創出し続けることが求められている。

このレポートの関連カテゴリ

61_ext_01_0.jpg

社会研究部   上席研究員

百嶋 徹 (ひゃくしま とおる)

研究・専門分野
企業経営、産業競争力、産業政策、産業立地、地域クラスター、イノベーション、企業不動産(CRE)、環境経営・CSR

レポート

アクセスランキング

【CSR(企業の社会的責任)再考】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

CSR(企業の社会的責任)再考のレポート Topへ