2009年11月10日

10月マネー動向:投信にも一部資金還流の動き

経済研究部 シニアエコノミスト   上野 剛志

文字サイズ

■見出し

・貸出動向: 10ヶ月連続で伸び率が縮小
・主要銀行貸出動向アンケート調査: 資金需要の低迷が続く
・マネタリーベース: 14ヶ月連続の前年比プラス
・マネーストック: マネーは増加傾向強まる、投信にも一部資金還流の動き

■introduction

日銀の貸出・資金吸収動向等によると、10月の銀行総貸出(平残)の前年比伸び率は1.5%(前月改定値は1.6%)と10ヶ月連続で伸び率が縮小した。同水準は2008年4月以来の低い水準となる。業態別に見ると、足元都銀等は下げ止まったが、地銀の低下が続いている。景気低迷の長期化に伴って設備資金等の需要が低迷しており、貸出需要が頭打ちになってきているようだ(図表1~3)。倒産件数が頭打ちからやや減少基調にある点は好材料だが、依然として歴史的に見ると高水準であり、企業の厳しい業況から、貸出需要の低迷は当面続くと考えられる(図表4,5)。

82_ext_01_0.jpg

経済研究部   シニアエコノミスト

上野 剛志 (うえの つよし)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【10月マネー動向:投信にも一部資金還流の動き】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

10月マネー動向:投信にも一部資金還流の動きのレポート Topへ