2009年11月02日

株式オプション市場から見た投資家心理・見通し

  伊藤 拓之

文字サイズ

株式市場は景気底入れ期待を背景に順調に回復し、投資家心理は改善しつつある。投資家心理や見通しの変化を調べるために、日米の株式オプション市場を分析したところ、投資家心理は落ち着きを取り戻したが、直近の見通しは必ずしも強気ではないことが分かった。

このレポートの関連カテゴリ

伊藤 拓之

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【株式オプション市場から見た投資家心理・見通し】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

株式オプション市場から見た投資家心理・見通しのレポート Topへ