2009年10月23日

アジア企業のコーポレート・ガバナンスの進展

保険研究部 兼 経済研究部 主席研究員 アジア部長 General Manager for Asia   平賀 富一

文字サイズ

世界的景気後退下、アジア金融危機時にダメージを受けコーポレート・ガバナンス面の問題も指摘された韓国財閥企業の業績の回復傾向が目立っている。
官民挙げてのガバナンスを含めた改革への取り組みが強い企業を生み出す一要因になったのではないかとの仮説をもとにガバナンス面の取り組みでの先進性も評価されている有力財閥LGグループの事例を参考に考察した。

79_ext_01_0.jpg

保険研究部   兼 経済研究部 主席研究員 アジア部長 General Manager for Asia

平賀 富一 (ひらが とみかず)

研究・専門分野
国際経営・国際経済(アジア地域を主とする)・国際人的資源管理

レポート

アクセスランキング

【アジア企業のコーポレート・ガバナンスの進展】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

アジア企業のコーポレート・ガバナンスの進展のレポート Topへ