2009年10月23日

持合復活の構図

  新田 敬祐

文字サイズ

近年、持合復活への懸念が高まっているが、その規模はどの程度のものだろうか。
本稿では、最新のデータを用いた精緻な分析を行い、持合復活の規模とその構造を明らかにする。
その結果、持合復活は、持合比率の上昇ではなく、持合ネットワークの拡大という形で確認されること、また、それは事業会社同士の持合強化を中心とするものであることがわかった。

このレポートの関連カテゴリ

新田 敬祐

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【持合復活の構図】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

持合復活の構図のレポート Topへ