2009年09月25日

株式市場は本格回復に入れるか

金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任   井出 真吾

文字サイズ

■目次

1--------はじめに
2--------今回は高値更新銘柄が増えていない
3--------少数の銘柄に物色が集中
4--------今後の動向がカギ

■introduction

2007年8月のパリバ・ショックに端を発した金融危機は、昨年のリーマン・ショックに発展し、世界中で株価が急落するという事態を招いた。各国政府や中央銀行による金融政策などもあって、ある程度の落ち着きを取り戻したようにみえる。わが国でも、東証株価指数(TOPIX、月末ベース)は2009年7月まで5ヶ月連続で上昇している。一方で、景気の本格的な回復は今年末か来年以降になるとの見通しも根強く、株価が本格的に回復するのか予断を許さない状況が続いている。
そこで、7月までの株価上昇の中身を点検した。

66_ext_01_0.jpg

金融研究部   チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任

井出 真吾 (いで しんご)

研究・専門分野
株式市場・株式投資

レポート

アクセスランキング

【株式市場は本格回復に入れるか】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

株式市場は本格回復に入れるかのレポート Topへ