2009年09月18日

欧州経済見通し~7~9月期プラス転化も本格回復への道のりは遠い

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

< ユーロ圏 : 2009年マイナス4.1%、2010年0.5% >
  1. ユーロ圏の成長率は7~9月期にはプラス転化する見込みだが、その後の回復も緩慢に留まろう。生産は危機前を大きく下回っており、設備投資は停滞、雇用調整は進む。金融システムからの信用収縮の圧力は続き、景気対策の効果も2010年には低下しよう。
  2. ECBは、2010年中に利上げや買い取った資産の売却には至らないが、一部の政策を見直し、出口の一歩を踏み出す可能性はある。
  3. 政策的な選択肢の狭さから、周辺国の調整は厳しいものとなろう。
< イギリス : 2009年マイナス4.4%、2010年0.7% >
  1. イギリスでも、7~9月期は6期ぶりのプラス成長が期待されるようになり、住宅価格も下げ止まったが、バランス・シートと雇用の調整圧力が働くため個人消費は停滞、固定資本形成の調整も続く見通しだ。
  2. 金融依存の税収構造も影響し、財政の悪化は深刻であり、追加景気対策の余地は狭い。BOEは量的緩和の拡大停止後も巻き戻しには慎重なスタンスを維持しそうだ。
38386_ext_15_1.jpg
43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【欧州経済見通し~7~9月期プラス転化も本格回復への道のりは遠い】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧州経済見通し~7~9月期プラス転化も本格回復への道のりは遠いのレポート Topへ