2009年08月28日

景気ウォッチャー調査から見た最近の景気動向

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

文字サイズ

  1. 2007年11月に始まった景気後退は2009年3月頃に終了したとみられるが、「景気ウォッチャー調査」の現状判断DIはそれよりも早い2008年12月に底打ちしており、景気に対する先行性の高さが改めて確認されることとなった。
  2. 景気動向指数(CI)に対する現状判断DIの時差相関係数を計測すると、一致CIに対しては8ヵ月、先行CIに対しては2ヵ月先行の相関係数が最も高く、先行CIに対する相関係数は0.9以上と極めて高くなっている。
  3. 足もとの景気は経済対策によって押し上げられている部分が大きく、対策の効果が薄れる年末以降、景気は大きく減速するとの見方が多い。景気への先行性が高い景気ウォッチャー調査の今後の動向が注目される。
  4. 現状判断DIを分野別に見ると、企業動向関連、家計動向関連ともに改善しているが、このところ企業動向関連の改善ペースが家計動向関連を上回るようになっている。前回の景気回復局面と同様に、今回の景気回復も当面は企業部門中心のものとなるだろう。
  5. 雇用関連DIは改善を続けているが、全体のDIに比べると改善は遅れている。7月の失業率は5.7%と過去最悪を更新したが、年内には6%台に達する可能性が高い。
38355_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

45_ext_01_0.jpg

経済研究部   経済調査室長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

レポート

アクセスランキング

【景気ウォッチャー調査から見た最近の景気動向】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

景気ウォッチャー調査から見た最近の景気動向のレポート Topへ