2009年08月11日

8月日銀決定会合:デフレスパイラルのリスクがあるとは考えていない

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

■見出し

・景気現状判断据え置き、下振れリスク高いとの慎重なスタンスは変わらず
・デフレスパイラルのリスクがあるとは考えていない

■introduction

日銀は11日の金融政策決定会合で、景気の現状認識を前回7月の「下げ止まっている」のまま据え置いた。日銀は先月7月まで3カ月連続で現状判断を上方修正させてきていた。生産や輸出などは回復が続いているが、雇用所得環境の悪化が鮮明となっており、判断据え置きとなったようだ。
先行きについては、「09年度後半以降、わが国経済は持ち直していく」というのを基本シナリオとしながらも、景気の下振れリスクが高いとの慎重なスタンスを維持している。
大幅に在庫調整が進み、さらに国内外で政策効果が出始めていて、それにより景気が持ち直しているが、その持続性については不確実性が高いとの判断だ。海外の金融システム不安の再燃、国内でも選挙後の政策運営、政府によるエコカー減税や家電エコポイントが継続・打ち切りされるのかなど不確定要素を見極めながら先行きの判断を行なうスタンスは当面続きそうだ。

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【8月日銀決定会合:デフレスパイラルのリスクがあるとは考えていない】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

8月日銀決定会合:デフレスパイラルのリスクがあるとは考えていないのレポート Topへ