2009年08月10日

7月マネー動向:貸出伸び率はほぼリーマン・ショック前の水準へ

経済研究部 シニアエコノミスト   上野 剛志

文字サイズ

■見出し

・貸出動向: 2008年9月以来の低い伸び
・主要銀行貸出動向アンケート調査: 貸し手側から見た資金需要の低下は鮮明に
・マネタリーベース: 11ヶ月連続の前年比プラス
・マネーストック: マネーの伸びは再び拡大、安全資産への資金流入が続く

■introduction

日銀の貸出・資金吸収動向等によると、7月の銀行総貸出(平残)の伸び率は前年比2.2%と7ヶ月連続で伸び率が縮小し、2008年9月以来の低い伸びとなった。景気低迷に伴って資金需要が低迷しているほか、CP・社債市場の機能が回復しており、貸出需要が頭打ちになってきている。業態別では特にリーマン・ショック以降に貸出が急増した都銀の低下が顕著であり、大企業向け貸出とほぼ同様の動きを示している。(図表1~4)
一方、中小企業向け貸出については長期にわたり前年比マイナス圏での推移が続いている。政府による信用保証制度の保証債務残高は積み上がっており、また中小の倒産件数も高止まりしていることから、中小企業の資金繰りは引き続き厳しい状況にあり、大企業との間での企業金融の2極化状態は依然解消していないものとみられる。(図表5,6)

82_ext_01_0.jpg

経済研究部   シニアエコノミスト

上野 剛志 (うえの つよし)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【7月マネー動向:貸出伸び率はほぼリーマン・ショック前の水準へ】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

7月マネー動向:貸出伸び率はほぼリーマン・ショック前の水準へのレポート Topへ