2009年08月07日

8月ECB政策理事会:政策金利は据え置き、信用緩和強化策も維持

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

■見出し

・レポ金利は1%で据え置き、信用緩和強化策も新たな決定はなし
・景気とインフレ見通しは僅かながら上方修正
・貸出の減速は需要の弱さに負うところも大
・9月のスタッフ見通しは上方修正の可能性もあるが、政策面では現状維持が濃厚

■introduction

欧州中央銀行(ECB)は6日に政策理事会を開催、政策金利は据え置き、信用緩和強化策についても新たな決定を行なわなかった。トリシェ総裁は、政策金利の水準は「適切」とし、信用緩和強化策は「すでに決めたことを適切に進めて行く」というスタンスを繰り返し前面に打ち出した。
今回の声明文では、景気とインフレ率の見通しが僅かに上方修正されており、9月に改定されるスタッフ見通しは幾らかの上方修正となる可能性があるが、「とても慎重で注意深い(トリシェ総裁)」トーンは変わらない見通しだ。政策面ではしばらく現状を維持し、不測の事態への警戒も続ける可能性が濃厚と言えよう。

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【8月ECB政策理事会:政策金利は据え置き、信用緩和強化策も維持】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

8月ECB政策理事会:政策金利は据え置き、信用緩和強化策も維持のレポート Topへ