2009年07月15日

7月日銀決定会合:景況感3ヶ月連続上方修正、4月展望レポートに沿って推移しているとの評価、企業支援を12月末まで延長

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

■見出し

・3ヶ月連続での景況感の上方修正、 4月展望レポートに沿って推移しているとの評価
・企業資金繰り支援は12月末まで延長

■introduction

日銀は15日の金融政策決定会合で、景気の現状判断を6月の「大幅に悪化した後、下げ止まりつつある」から「下げ止まっている」に上方修正した。これで上方修正は3ヶ月連続となる。
生産や6月調査短観で下げ止まりの動きが見られており、日銀の判断に違和感はない。
また今回4月公表の展望レポートの中間評価が示され、「国内経済は09年度後半以降、緩やかに持ち直す」とした4月時点の見通しについて、「おおむね見通しに沿って推移すると予想される」と評価した。
ただし「景気の下ぶれリスクが高い状況が続いている」として、09年度の実質GDPの成長率見通しは、4月時点の▲3.1%予想を▲3.4%に下方修正。10年度の成長率見通しも4月時点の+1.2%を+1.0%に下方修正している。

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【7月日銀決定会合:景況感3ヶ月連続上方修正、4月展望レポートに沿って推移しているとの評価、企業支援を12月末まで延長】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

7月日銀決定会合:景況感3ヶ月連続上方修正、4月展望レポートに沿って推移しているとの評価、企業支援を12月末まで延長のレポート Topへ