2009年07月03日

7月ECB政策理事会:政策金利据え置き、政策効果の見極め局面は当面続く

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

■見出し

・レポ金利は1%で据え置き、コリドーは±75bpで維持
・景気とインフレについては従来の見通しを踏襲
・実行段階に移った信用緩和強化策
・当面は政策効果見極めのための様子見が続く公算

■introduction

欧州中央銀行(ECB)は2日に政策理事会を開催、政策金利(レポ金利)の1%での据え置きを決めた。経済・インフレ率の見方は大きく変えず、中長期的なインフレ期待は安定しており、現在の政策金利の水準は「適切」という判断を維持しつつも、「最低とは決めていない」とし追加利下げの余地も確保した。
5月の理事会で決めた信用緩和強化策のうち、固定金利による1年物の無制限の資金供給は6月25日に実施され、今月6日にはカバード・ボンドの買い入れが始まる。
トリシェ総裁は、「金融政策の波及にはラグがあり、我々の政策は効果を挙げるはず」との認識と、「経済が回復し始めたら、政策理事会は速やかに導入した政策を解除し、流動性を吸収する」との立場を明らかにしている。金融混乱が再燃するような不測の事態が生じない限り、ECBは当面、現状維持のスタンスを維持すると思われる。

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【7月ECB政策理事会:政策金利据え置き、政策効果の見極め局面は当面続く】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

7月ECB政策理事会:政策金利据え置き、政策効果の見極め局面は当面続くのレポート Topへ