2009年06月24日

変額年金保険に何が起こったか

金融研究部 准主任研究員   高岡 和佳子

文字サイズ

2007年夏以降の株価下落及び円高が、一部の保険会社の期間損益に大きな影響を与え、特に2008年冬以降、リスク負担の増加などを理由に、変額年金保険の販売休止に踏み切る会社も現れている。
本稿では、変額年金保険の仕組みなどについて説明した上で、影響度が保険会社によってなぜ異なるのかを考察する。また、販売休止の理由として挙げられるリスク負担の増加とは具体的に何を指すのか、リスク管理の視点から確認する。

このレポートの関連カテゴリ

71_ext_01_0.jpg

金融研究部   准主任研究員

高岡 和佳子 (たかおか わかこ)

研究・専門分野
リスク管理・ALM、価格評価、企業分析

レポート

アクセスランキング

【変額年金保険に何が起こったか】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

変額年金保険に何が起こったかのレポート Topへ