2009年06月24日

韓国における高齢化の進展と介護保険制度の導入

生活研究部 准主任研究員   金 明中

文字サイズ

韓国における人口高齢化は日本を上回るほど速いスピードで進んでおり、韓国政府は人口高齢化に対応するための政策を次々と発表している。その中で介護の社会化を目指して2008年7月から実施したのが老人長期療養保険制度であり、現段階までは成功的な政策として評価されている。
韓国の老人長期療養保険制度は日本の介護保険制度の影響を強く受け取ったものの、将来発生し得る財政的な問題を考慮し、被保険者の対象や自己負担の範囲を日本より拡大・実施した。また、制限的とは言えるものの「特別現金給付」という現金給付も支給している。
被保険者の対象の拡大や自己負担の引き上げ、現金給付の導入は 今後日本における介護保険制度の主な検討内容であり、今後韓国の老人長期療養保険制度の内容やその動向を参考することは日本の政策決定においても有意な正の影響を与えると考えられる。

このレポートの関連カテゴリ

32_ext_01_0.jpg

生活研究部   准主任研究員

金 明中 (きむ みょんじゅん)

研究・専門分野
社会保障論、労働経済学、日・韓社会保障政策比較分析

レポート

アクセスランキング

【韓国における高齢化の進展と介護保険制度の導入】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

韓国における高齢化の進展と介護保険制度の導入のレポート Topへ