2009年05月25日

真価が問われるJ-REITの収益安定性

金融研究部 主任研究員   岩佐 浩人

文字サイズ

不動産投資信託(J-REIT)市場は、世界的な金融危機や不動産ファンダメンタルズの悪化により、これまでの収益安定性を維持できるかどうか真価が問われる局面を迎えている。
また、J-REITに対する資金繰り支援策など市場の安全網が整備され、環境変化に対する制度の頑健性が強化されたものの、投資主利益保護や投資主ガバナンスの強化など、市場の規律ある発展に向け残された課題もあり、議論を深めていく必要がある。

このレポートの関連カテゴリ

69_ext_01_0.jpg

金融研究部   主任研究員

岩佐 浩人 (いわさ ひろと)

研究・専門分野
不動産市場・投資分析

レポート

アクセスランキング

【真価が問われるJ-REITの収益安定性】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

真価が問われるJ-REITの収益安定性のレポート Topへ