2009年04月24日

検証「オバマノミクス」

  土肥原 晋

文字サイズ

米国では、景気が大きく後退を見せ、シティ、AIG、GM等のビッグビジネスの行方が混沌とするなど、金融・住宅問題を中心に懸案は山積している。
オバマ大統領は、1月20日の就任式から2ヵ月余が経過するが、この間、過去最大規模の景気対策法を成立させたのに加え、施政方針演説が行われ、予算教書が発表された。
また、金融安定化策や住宅対策についても、一通り出揃い、今後は金融制度や規制の改革が着手されつつある。
本稿では、次第に明らかとなりつつある「オバノミクス」について検証を試みた。

このレポートの関連カテゴリ

土肥原 晋

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【検証「オバマノミクス」】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

検証「オバマノミクス」のレポート Topへ