2009年04月01日

バランスシートでみる2004年年金改革と世代間移転

  川瀬 晃弘

文字サイズ

賦課方式の年金制度と民主主義という政治システムを採用している以上、財政負担の先送りによって、選挙権を持たない将来世代は選挙権を持つ世代から搾取される可能性がある。年金債務の観点から評価すると、2004年に行われた年金改革は、改革時に選挙権を持たない将来世代に376兆円もの負担を押し付けることで年金制度の持続可能性を図ったことになる。

川瀬 晃弘

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【バランスシートでみる2004年年金改革と世代間移転】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

バランスシートでみる2004年年金改革と世代間移転のレポート Topへ