2009年04月01日

財政検証の在り方と公的年金改正の方向性

  中田 大悟

文字サイズ

政府の年金財政推計は予測というよりプロジェクション(投影)であり、この点を踏まえないと無用な議論に陥る可能性があるが、投影だとしても国民が理解しやすい公表の仕方を検討すべきである。長寿化の進展が年金財政に与える影響は大きいことから、現在65 歳に引き上げ途上にある支給開始年齢のさらなる引き上げを、本格的に検討すべきではないか。

中田 大悟

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【財政検証の在り方と公的年金改正の方向性】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

財政検証の在り方と公的年金改正の方向性のレポート Topへ