2009年03月25日

介護不安時代における「暮らし」支援

  山梨 恵子
  栗林 敦子

文字サイズ

これまで、介護保険制度では、介護を家庭の中だけで抱え込まないよう「介護の社会化」が推進されてきた。ところが、制度が普及した現在、被介護者のそれまでの「暮らし」を分断したり喪失したりするといった課題がみえてきた。
今後は、人々の介護に関する(1)システムへの信頼、(2)他者との関係性、(3)情報・知識・理解の状況を踏まえた、本人自身と本人を取り巻く地域の人々との関係性を統合した、信頼のできる「暮らしシステム」の構築が求められる。

このレポートの関連カテゴリ

山梨 恵子

栗林 敦子

レポート

アクセスランキング

【介護不安時代における「暮らし」支援】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

介護不安時代における「暮らし」支援のレポート Topへ