2009年02月25日

利益調整に着目した株式投資手法の提案

  磐城 裕子

運用手法開発 アセットアロケーション などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

ディスクローズ制度の重要性の高まりと経営者責任が厳しく問われる流れの中で、経営者による利益調整の可能性が指摘されている。
もし、歪められた会計情報に基づいて株価が形成されるならば、利益調整行動を検出、数値化することにより、株式投資での追加的な利益獲得に有効な投資手法と出来るのではないか。
そこで、会計利益とキャッシュフローの差である会計発生高を用いて、実際の株式投資に生かしやすい手法を提案する。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

磐城 裕子

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【利益調整に着目した株式投資手法の提案】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

利益調整に着目した株式投資手法の提案のレポート Topへ