2009年02月06日

2月BOE金融政策委員会:1.0%に利下げ。過去最低水準を更新

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

■見出し

・政策金利は1%に
・前回MPC後、第2弾の金融安定化策が公表、金融不安は燻り、財政悪化懸念広がる
・10~12月期のマイナス成長で景気後退が確認、インフレも沈静化
・声明文では厳しい景気認識と信用状態の一段のタイト化を利下げの理由とした説明
・インフレ報告は11日、議事録は18日に公開

■introduction

イングランド銀行は4~5日に金融政策委員会(MPC)を開催、50bpの利下げを決めた。10月の緊急利下げからの累計の利下げ幅は400bpとなり、政策金利は1.0%と過去最低水準を更新した。
前回理事会後、第2弾の金融安定化策が公表されたものの、金融不安は根強く、経済指標は大きく悪化している。声明文では、内外経済・金融情勢に対する厳しい認識を示した上で、「中期的に2%というインフレ目標を下回る大きなリスクが残る」と追加利下げの理由を説明した。
利下げ余地が狭まる中、BOEは第2弾の金融安定化策に盛り込まれた社債、CPなどの資産買い取りファシリティーと合わせて景気の下支えを図ることになろう。

このレポートの関連カテゴリ

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【2月BOE金融政策委員会:1.0%に利下げ。過去最低水準を更新】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2月BOE金融政策委員会:1.0%に利下げ。過去最低水準を更新のレポート Topへ