2009年01月26日

中小小売業の現状と今後の経営のあり方

  小本 恵照

文字サイズ

小売業界をみると中小小売業者の減少が目立っている。
その要因には、消費の低迷、大型小売店の進出、経営者の高齢化などがあるが、最大の要因は店舗に魅力のないことである。
中小小売業者の業績を分析すると、取扱商品の独自性や専門性の追求、顧客のサービス向上、設備の充実、地域特性への配慮が、魅力ある店舗を生み出す要因となっていることが明らかとなった。

このレポートの関連カテゴリ

小本 恵照

研究・専門分野

(2009年01月26日「基礎研REPORT(冊子版)」)

レポート

アクセスランキング

【中小小売業の現状と今後の経営のあり方】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中小小売業の現状と今後の経営のあり方のレポート Topへ