2009年01月26日

中国農村と民間保険の取組

保険研究部 准主任研究員   片山 ゆき

文字サイズ

■目次

1--------はじめに
2--------農村と民間保険商品
3--------小額保険の試験的な導入
4--------おわりに

■introduction

2008年8月、中国・北京市でオリンピックが盛大に行われる中、保険業界でも新たな取組みがスタートした。それは農村部の低所得者向けに民間保険会社が小額保険(マイクロ・インシュアランス)を開発、販売を試験的に開始したことである。
中国の保険業界において、2007年の収入保険料は前年比25%増の7,033億元(生損保合計)で、2桁成長を続けている。しかし、この成長の牽引はもっぱら広東省、江蘇省、北京市など都市部や沿海部で、所得が比較的高い地域に集中している。これらの地域では社会保障制度がある程度整っており、民間保険は社会保険では適用されないより高度な保障を受けるため、もしくは資産運用の一環としての加入がはかられている。

このレポートの関連カテゴリ

53_ext_01_0.jpg

保険研究部   准主任研究員

片山 ゆき (かたやま ゆき)

研究・専門分野
中国の保険・年金・社会保障制度

レポート

アクセスランキング

【中国農村と民間保険の取組】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国農村と民間保険の取組のレポート Topへ