2009年01月22日

CP購入3兆円を決定:社債購入についても検討

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

■見出し

・CP3兆円購入を決定: 社債などさらなるリスク資産購入も検討
・成長率は08-09年度と2年連続のマイナス成長、物価は09-10年度とマイナス予想
・異例の措置ではあるが、事態はさらに悪化し、後手に回ったとの評価になる可能性大

■introduction

日銀は金融政策決定会合で、企業の資金繰り支援策としてCPなどを最大3兆円買い入れることを決定した。1年未満の社債の買い取りも検討する。政策金利は正副総裁を含む8人の政策委員の全員一致で、現行の年0.1%に据え置くことを決めた。
企業の資金繰り支援策として、CPに、中小企業の売掛債権などを担保としたABCPを加えて、合計で最大3兆円買い入れる。3月末までの時限措置で、CPの対象はa―1以上(これは約13兆円規模のCP市場の約90%以上が対象となる)。
また、残存期間1年以内の社債の買い取りを検討するよう指示したほか、J-REIT債も適格担保とすることも決めた。

このレポートの関連カテゴリ

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【CP購入3兆円を決定:社債購入についても検討】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

CP購入3兆円を決定:社債購入についても検討のレポート Topへ