2009年01月01日

市場激変下の年金運用

  臼杵 政治

文字サイズ

1990年代以降、株式市場は何度か大幅な下落局面を経験してきた。しかし、今回の下落は、国内株式だけではなく、外国株式・債券のリターンも大幅なマイナスになっていることや下落のスピード、変動(ボラティリティ)の高まりなどの点で、これまでに例をみない激変となりつつある。

このレポートの関連カテゴリ

臼杵 政治

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【市場激変下の年金運用】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

市場激変下の年金運用のレポート Topへ