2009年01月01日

不動産市況アンケートにみる市場見通しと回復の条件

  岡 正規

文字サイズ

不動産市況アンケート(2008年10月実施)によると、現在の景況感について「悪い」・「やや悪い」との回答が合わせて99%で、今後の見通しも92%が悪化を予想した。また、不動産投資市場の回復の条件として、「金融資本市場の混乱終息」と「デット(借入金)調達環境の改善」への回答が多く、金融環境の激変が投資市場悪化の原因と考えているようである。

このレポートの関連カテゴリ

岡 正規

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【不動産市況アンケートにみる市場見通しと回復の条件】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

不動産市況アンケートにみる市場見通しと回復の条件のレポート Topへ