2008年12月19日

10月に続き0.2%利下げを実施:長期国債買入増額、CP買取実施も決定

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

■見出し

・10月に続き0.2%の利下げを実施:
・どうしても比較してしまう評価軸「対FRB」:為替の円高圧力、介入
・今後の金融政策の焦点: 円高、資金繰り、景気浮揚

■introduction

日銀は現在の景気を2002年5月以来の「悪化」と判断した。その上で「中央銀行としてなし得る最大限の貢献を行う」とし、10月に続き0.2%の利下げを実施、さらには長期国債の買入増額、CP買取実施を決定した。
景気が急激に悪くなっている上、足もとは円高が進んでいる。日銀の判断として今、手を打たないと景気後退が深くなり、取り返しがつかなくなるとの考えから、強力なサポートを打ち出してきた。
またFRBの予想よりも早い量的金融緩和採用も日銀の政策を後押しした。

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【10月に続き0.2%利下げを実施:長期国債買入増額、CP買取実施も決定】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

10月に続き0.2%利下げを実施:長期国債買入増額、CP買取実施も決定のレポート Topへ