2008年12月08日

11月マネー関連:市場調達困難、借り入れ依存を強める

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

■見出し

・貸出動向: 市場調達困難、借り入れ依存を強める
・マネタリーベース: 日銀大規模資金供給、当座預金残高の高い伸びが続く
・マネーストック: M2は2%台前半の推移が続く

■introduction

貸出・資金吸収動向等によると、11月の総貸出(平残、銀行計)は前年比3.6%と、92年4月以来、約16年半ぶりの高い伸びを示した(図表1,2)。リーマン破綻以降、企業は市場での調達が困難となっており、CP等から借り入れへシフトしているため伸び率が高まっている。
ただし、借り入れの内訳を見ると運転資金の増加などで、設備投資など実需への需要は低い。また倒産件数も増加傾向で銀行の貸出態度も厳しくなっており、今後も貸出市場が現在のように増加するとは考えにくい(図表3,4)。

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【11月マネー関連:市場調達困難、借り入れ依存を強める】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

11月マネー関連:市場調達困難、借り入れ依存を強めるのレポート Topへ