2008年12月03日

日銀短観(12月調査)予測~大企業製造業・業況判断DIは19ポイント悪化の▲22

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

  1. 今回短観は「景気が急速に悪化している」ことを裏付ける内容になるだろう。業況判断DIの悪化幅は歴史的なものとなりそうだ。また事業計画が大きく下方修正され、雇用、設備の過剰感が急速に高まっている姿を示すだろう。
  2. 注目度が高い大企業製造業・業況判断DIは▲22と前回調査から19ポイントの悪化。大企業非製造業は▲10と前回調査から11ポイントの悪化となるだろう。
  3. 2008年度の設備投資計画(全規模・全産業)は9月調査より2.6%下方修正(前年度比▲3.9%)されるだろう。投資案件の見送りが相次ぎ、完全に設備投資は年度途中で腰折れたことが示されそうだ。
  4. 日銀は短観の内容を受け、次回決定会合で景況感の下方修正を行うだろう。また年度末に向けもう一段の追加緩和策の検討、実施を行うと予想する。
37989_ext_15_1.jpg
46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【日銀短観(12月調査)予測~大企業製造業・業況判断DIは19ポイント悪化の▲22】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

日銀短観(12月調査)予測~大企業製造業・業況判断DIは19ポイント悪化の▲22のレポート Topへ