2008年12月01日

世界的な金融危機は更なるリスク管理技術の進展を求めている

  室町 幸雄

運用リスク管理 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

最近の世界金融危機について語られるとき、金融工学への批判が多いが、今こそ、リスク計測・管理技術の更なる高度化が求められるのではないだろうか。例えば、期待ショートフォールによるリスク評価や、これまで以上にリスクを反映した収益性評価など、リスク察知のための工夫はいろいろ考えられる。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

室町 幸雄

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【世界的な金融危機は更なるリスク管理技術の進展を求めている】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

世界的な金融危機は更なるリスク管理技術の進展を求めているのレポート Topへ