2008年11月26日

機関投資家とSRIの新しい可能性

  川村 雅彦

文字サイズ

社会的責任投資(Socially Responsible Investment)が持続可能な責任投資(Sustainable & Responsible Investment)へと変容する中で、わが国の機関投資家(特に企業年金基金)にもSRIに対するスタンスの変化がうかがえる。その現状と方向性について分析する。

このレポートの関連カテゴリ

川村 雅彦

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【機関投資家とSRIの新しい可能性】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

機関投資家とSRIの新しい可能性のレポート Topへ