2008年11月26日

株式市場が予想する企業倒産

  伊藤 拓之

文字サイズ

■目次

1--------倒産確率モデルについて
2--------日米欧株式市場におけるケーススタディ
3--------まとめ

■introduction

分析の背景
日本市場では建設不動産分野を中心に破綻企業が増え、負債総額が上期としては戦後2番目の高水準となった。直近決算が良好であったURBANやランドコムは、資金繰り倒産だった。また金融不安が高まる米国・欧州市場では、大手投資銀行の破綻や金融機関同士の救済合併、金融機関の国有化が相次いでいる。最近のこのような状況を背景に、事前に倒産する企業を予想できないか、信用リスクへの関心が非常に高まっている。

このレポートの関連カテゴリ

伊藤 拓之

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【株式市場が予想する企業倒産】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

株式市場が予想する企業倒産のレポート Topへ