2008年11月07日

11月ECB政策理事会:50bpの利下げを決定

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

■見出し

・物価の上振れリスクは軽減
・12月も追加利下げへ

■introduction

欧州中央銀行(ECB)は6日に政策理事会を開催、全会一致で50bpの利下げを決めた。ECBは、前回10月2日の理事会では利下げの地ならしに動いたのみであったが、10月8日にはFRBなどとの50bpの緊急協調利下げに踏み切っており、2度にわたる50bpの利下げで政策金利は3.25%となった。
声明文では「需要の抑制はしばらく続く」、「物価の上振れリスクは軽減している」という見方を示し、質疑応答では、今回75bpの利下げも選択肢であったことを明らかにしている。インフレ率の鈍化と景気悪化を示す材料は今後も増える見込みであり、12月4日の次回理事会でも追加利下げを行うだろう。

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【11月ECB政策理事会:50bpの利下げを決定】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

11月ECB政策理事会:50bpの利下げを決定のレポート Topへ