2008年10月20日

中国経済:7~9月期は9%成長、年間の二桁割れが濃厚に

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

■見出し

・景気は減速、インフレ率はピーク・アウト
・景気重視のスタンスは今後一層鮮明に

■introduction

10月20日に中国国家統計局が1~9月期の経済実績を公表、世界的な金融危機の広がりと景気の減速を背景とする中国の成長鈍化とインフレのピーク・アウトが確認された。成長率は7~9月期に前年同期比9.0%に減速、インフレ率は9月に前年同月比4.6%まで鈍化した。
1~9月期の成長率は9.9%となり、5年にわたり続いた中国の二桁成長に終止符が打たれる可能性が濃厚になった。中国は、すでに欧米の金融危機が広がった9月以降、2カ月連続で利下げと預金準備率の引き下げを行っている。景気重視の政策スタンスは、今後、一層鮮明になってくるだろう。

このレポートの関連カテゴリ

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【中国経済:7~9月期は9%成長、年間の二桁割れが濃厚に】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国経済:7~9月期は9%成長、年間の二桁割れが濃厚にのレポート Topへ