2008年10月15日

日銀資金供給策(10/14)、副総裁人事案:即戦力を最優先

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

■見出し

・資金供給策: G7の行動計画に基づく具体策の第一弾
・副総裁人事、山口氏内部昇格案: 即戦力を最優先

■introduction

白川総裁は14日夜、臨時決定会合後に記者会見し、当日発表した対応策(金融市場の安定確保のための金融調節面での対応策)は「国際金融市場の緊張の高まりが日本の短期市場にも影響を及ぼし、金利のばらつきやレポ市場での流動性低下を招いている」ことに加えて「CP金利の上昇圧力がかかるなど一部で資金調達環境に厳しさが見られる」ことに対応するものだと述べた。
今回の措置はG7の行動計画に基づく具体策の第一弾との位置づけで、措置のポイントは3点となっている(P2参照)。
(1)国債レポ市場の流動性改善(変動利付債や物価連動債、30年債も国債現先オペの対象とする)
(2)企業金融円滑化(ABCPも買い入れ対象とするなど)
(3)全額供給オペの導入
上記3つの中で特に注目されるのが、全額供給オペ。これまでは入札方式で高い金利順にドルを供給していたが、今後は金利を固定し、差し出した担保の範囲内で希望額を全額供給するというもの。ドルの枯渇に一定程度の効果がでてくるだろう。
また上記供給策と同時に、株式市場の情勢を見極める観点から、保有株の売却措置も当面停止することも決定された。

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【日銀資金供給策(10/14)、副総裁人事案:即戦力を最優先】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

日銀資金供給策(10/14)、副総裁人事案:即戦力を最優先のレポート Topへ