2008年10月10日

9月マネー関連:当座預金残高が2年7ヶ月ぶりの前年比プラスに

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

■見出し

・貸出動向: 9ヶ月ぶりに伸び率鈍化
・マネタリーベース: 当座預金残高が2年7ヶ月ぶりの前年比プラスに
・マネーストック: M2は2%台前半の推移が続く

■introduction

 貸出・資金吸収動向等によると、9月の総貸出(平残、銀行・信金計)は前年比1.6%(32カ月連続のプラス)と9ヶ月ぶりに伸びが鈍化した(図表1,2)。
短観(9月調査)でも明らかなように中小企業を中心に企業の資金繰りが厳しくなってきている(図表3)。金融機関の融資姿勢も厳格化してきており(図表4)、先行き貸出は減速が見込まれる。

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【9月マネー関連:当座預金残高が2年7ヶ月ぶりの前年比プラスに】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

9月マネー関連:当座預金残高が2年7ヶ月ぶりの前年比プラスにのレポート Topへ