2008年10月09日

10月BOE金融政策委員会:協調利下げで政策金利は4.5%に

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

■見出し

・5中銀と協調で50bpの利下げ
・金融安定化対策を公表

■introduction

イングランド銀行は、8~9日の開催が予定されていた金融政策委員会を繰上げ開催し、8日にFRB、ECBなど5中銀との協調による50bpの利下げを決めた。同日朝には、政府が、(1)潤沢な短期流動性の供給、(2)自己資本増強のための500億ポンド(8兆7000億円)相当の基金の新設、(3)銀行の債券に対する政府保証の3本柱からなる金融安定化策をまとめた。
信用収縮による住宅市場の調整の深まりに加え、国際金融センター・ロンドンを要する金融立国としての危機意識が、逸早く包括的な対策へ動かしたと言えよう。

このレポートの関連カテゴリ

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【10月BOE金融政策委員会:協調利下げで政策金利は4.5%に】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

10月BOE金融政策委員会:協調利下げで政策金利は4.5%にのレポート Topへ