2008年10月01日

CDS取引価格に基づく信用情報

金融研究部 准主任研究員   高岡 和佳子

文字サイズ

サブプライム問題などの信用悪化局面において、CDSの代表的な指数(iTraxx Japan)の高騰がニュースになるくらい、最近ではマーケット全体の信用情報も注目されている。しかし、ここでは企業の信用情報として、従来の格付けに加え、日々QUICKが公表している個別のCDS取引価格を活用する際のメリットと留意点につき考察する。

このレポートの関連カテゴリ

71_ext_01_0.jpg

金融研究部   准主任研究員

高岡 和佳子 (たかおか わかこ)

研究・専門分野
リスク管理・ALM、価格評価、企業分析

レポート

アクセスランキング

【CDS取引価格に基づく信用情報】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

CDS取引価格に基づく信用情報のレポート Topへ