2008年10月01日

9月調査短観~大企業製造業DIは5年ぶりマイナスに

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

  1. 9月調査日銀短観は大企業製造業DIが5年ぶりにマイナスとなった。過去の経験則からは大企業製造業がマイナスとなると景気後退は確実で、短観からも現在が景気後退局面であることが裏付けられた。
  2. 設備投資は全規模・全産業で6月調査から0.1%上方修正されたが、9月調査としては極めて弱い。設備に対する判断は2期連続で過剰が不足を上回ってきている。また雇用も製造業で過剰に転じるなど気になる動きが見られる。
  3. 08年度収益は減益計画で6月調査に比べて下方修正されているが、下期は前年比でプラス計画となっている。現在の国内外の経済・金融状況からすれば下振れリスクが高い。下振れした場合、緩やかな悪化にとどまっている設備や雇用も大きく悪化し、景気後退が「深く、長く」なるリスクが高い。
  4. 日銀は国際金融の混乱の対応とともに、悪化する国内景気をどう浮上させるかさらに難しい局面に追い込まれている。現状維持を続けるというのが筆者のメインシナリオだが、利下げ圧力、利下げ観測は今後高まることは避けられそうにない。
37901_ext_15_1.jpg
46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【9月調査短観~大企業製造業DIは5年ぶりマイナスに】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

9月調査短観~大企業製造業DIは5年ぶりマイナスにのレポート Topへ