2008年08月22日

米国経済動向~原油価格下落でも、強まる景気下振れリスク

  土肥原 晋

文字サイズ

<米国経済の動向>
  1. 米経済は再び下ぶれリスクの強まる状況となっている。住宅市場の深刻な不振はなお底打ちの兆しが見えず、一般の住宅ローンへと資産の毀損が拡がりを見せ、ファニーメイ等のGSE問題が表面化している。政府の支援法案が成立したものの、今後、住宅価格の下落が進行すれば、損失がさらに拡大することもあって、市場の不安は解消されたわけではない。
  2. こうした中、原油価格が下落の動きを見せているものの、これまでの高騰によるインフレ圧力を背景に、足元の物価指標は急速な上昇を続けている。原油価格の行方には不透明感も強く、今後のコア物価指数への波及が懸念されている。
  3. 足元の米国経済は、リファンド(減税還付金)によって下支えされているものの、その効果は一時的とみられている。住宅市場・住宅金融問題の悪化持続で、先行きの景気失速懸念は、強まっている状況と言えよう。

 

図1
図2

このレポートの関連カテゴリ

土肥原 晋

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【米国経済動向~原油価格下落でも、強まる景気下振れリスク】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国経済動向~原油価格下落でも、強まる景気下振れリスクのレポート Topへ