2008年08月08日

8月BOE金融政策委員会:景気減速感強まるも、据え置き継続

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

■見出し

・マイナス成長は免れたが景気の減速は明らかに
・追加利下げのタイミングを見極める材料として13日公表の雇用統計、「インフレ報告」に注目

■introduction

イングランド銀行(BOE)は6~7日に金融政策委員会(MPC)を開催、政策金利の5.0%での据え置きを決めた。据え置きの背景には、4~6月期の成長率は前期比0.2%まで減速、住宅や個人消費の指標の弱さも目立つが、CPIは目標の2%を大きく上回り、且つ、一層の上振れが見込まれることがある。
BOEは、信用収縮、マインド悪化が進む中での政策金利据え置きは、中期的な物価安定への強い意志を示すと考えている。今後は、景気後退が視野に入り、中期的(2年後)なインフレ目標達成の下振れのリスクが強まったと判断でき次第、利下げを再開するだろう。13日公表の雇用統計と今回のMPCの叩き台となった「インフレ報告」8月号のトーンに注目したい。

このレポートの関連カテゴリ

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【8月BOE金融政策委員会:景気減速感強まるも、据え置き継続】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

8月BOE金融政策委員会:景気減速感強まるも、据え置き継続のレポート Topへ