2008年08月01日

金利上昇と債券運用

金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   北村 智紀

文字サイズ

わが国の長期金利は、短期間に急上昇する特徴がある。そのため、基金の債券ポートフォリオでは、一時的に運用成績が悪化する可能性がある。しかし、債券運用の基本は長期保有によるインカム・ゲインの獲得であり、短期的な価格変動には冷静に対処することが重要であろう。

このレポートの関連カテゴリ

67_ext_01_0.jpg

金融研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

北村 智紀 (きたむら ともき)

研究・専門分野
年金運用・リスク管理、公的年金

レポート

アクセスランキング

【金利上昇と債券運用】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

金利上昇と債券運用のレポート Topへ