2008年07月25日

米国のリセッション判定と景気の現状

  土肥原 晋

文字サイズ

米国経済は、年初以降、住宅不況の深刻化と原油価格の高騰により消費が低迷、リセッションへの懸念を強めたが、最近では1-3月期GDPが前期比年率0.2%から1.0%へと改定され、下半期の景気持ち直しが期待されるなどその懸念は緩和されている。
ただし、公的なリセッションの取り扱いは、必ずしもGDPのマイナスとは一致しない。本稿では、米国のリセッションがどのように判定され、景気の現状をどのように見るのか、過去のリセッションを参考に検証してみた。

このレポートの関連カテゴリ

土肥原 晋

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【米国のリセッション判定と景気の現状】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国のリセッション判定と景気の現状のレポート Topへ