2008年07月25日

意志あるお金は社会を変えるか

  柄田 明美

文字サイズ

ここ数年、わが国では寄付が減少していると言われているが、一方で、インターネットを活用した寄付や、企業のCSRへの取り組みと連携した寄付、社会貢献型の預金や出資など、個人の問題意識や意志を、お金を通じて社会に反映させるための主要は多様になっている。
ここでは、個人寄付の動機や現状、多様化する個人寄付の手法を紹介するとともに、個人寄付や社会貢献型の出資等が増えるための方向性を考察する。

このレポートの関連カテゴリ

柄田 明美

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【意志あるお金は社会を変えるか】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

意志あるお金は社会を変えるかのレポート Topへ