2008年07月11日

中国経済の変調~環境変化への対応力高いが楽観はできない

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

  1. 08年入り後も中国経済の成長のテンポは速いが、以前に比べると鈍化しており、エネルギー・食糧の価格上昇と輸出規制の影響で貿易黒字は縮小に転じている。インフレ率は食品価格の押し上げにより目標を上回る水準での推移が続いている。
  2. 当局は、インフレの抑制に政策をフル動員しているが、外貨流入圧力の増大と株価の不安定化を背景に08年入り後は利上げを見送っている。人民元相場は、人為的なコントロールを継続しながらも、従来よりも速いテンポで調整するようになっている。
  3. 外部環境の急変振りに比べると、中国経済の変調の度合いが小さいのは、エネルギー・食糧の輸入依存度が抑えられている一方で、製品輸出分野でなお高い競争力を有しているからだ。
  4. それでも、インフレが長期化の様相を呈する一方、資産価格の不安定化、輸出環境の一段の悪化が見込まれ、環境は厳しさを増している。今後の引き締めの度合いやピッチ、構造改革とのバランスを間違えば、オーバーキルを招くリスクもある。政策当局は、内外の経済・金融動向や資産価格の動向を睨みながら、細心の注意を払いつつ、統制価格、法定金利、人民元相場の調整を進め、安定的高成長の持続を図ることになるだろう。
37804_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【中国経済の変調~環境変化への対応力高いが楽観はできない】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国経済の変調~環境変化への対応力高いが楽観はできないのレポート Topへ