2008年07月01日

企業の付加価値生産性が傾向的に低下

京都大学経営管理大学院   川北 英隆

文字サイズ

企業業績が昨年夏頃にピークアウトした。その要因が主にサブプライムローン問題だとすれば、驚くに値しない。しかし、実のところ、より大きな問題は、企業の付加価値生産性の低下トレンドにある。2002年以降の企業業績の回復と拡大は、人件費の削減によってもたらされたものだが、もはや限界に直面している。今後の株価上昇には、この壁の突破が求められる。

このレポートの関連カテゴリ

京都大学経営管理大学院

川北 英隆

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【企業の付加価値生産性が傾向的に低下】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

企業の付加価値生産性が傾向的に低下のレポート Topへ