2008年06月27日

中村審議委員講演(6/26):6月は5月よりも両サイドのリスクが高まっている

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

■見出し

・講演:先行き極めて見通しにくい
・会見:6月は5月よりも両サイドのリスクがさらに高まっている

■introduction

中村審議委員が公演・会見を6月26日に行った(旭川市での金融経済懇談会)。
海外経済については、「エネルギーや原材料価格・食料品価格の高騰、国際金融資本市場の不安定な状態などのリスク要因が影響し合うことで、海外経済の先行きはダウンサイド・リスクが高く、先行きが極めて見通しにくい」との認識を示した。
日本経済については「6月は5月よりも上下両サイドのリスクがさらに高くなっている」とし、その上で、「不確実性が極めて高い状況下では、先行きの金融政策について、あらかじめ特定の方向性を持つことは適当ではない」と述べた。

このレポートの関連カテゴリ

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【中村審議委員講演(6/26):6月は5月よりも両サイドのリスクが高まっている】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中村審議委員講演(6/26):6月は5月よりも両サイドのリスクが高まっているのレポート Topへ