2008年06月25日

ソーシャル・ベンチャーと「草の根SRI」

常務取締役理事   神座 保彦

文字サイズ

「草の根SRI」は個人投資家によるSRI(社会的責任投資)であるが、ここでは投資対象を上場株に止まらず、非営利組織であるソーシャル・ベンチャーにまで拡大することを検討している。
投資を受けたソーシャル・ベンチャーはその資金に込められた社会的リターン産出に対する「草の根SRI」投資家の期待を「非金銭的資金コスト」として認識し、期待水準を上回る社会的リターン産出を経営目標とすることが求められる。

このレポートの関連カテゴリ

常務取締役理事

神座 保彦 (じんざ やすひこ)

研究・専門分野
ソーシャルベンチャー、ソーシャルアントレプレナー

レポート

アクセスランキング

【ソーシャル・ベンチャーと「草の根SRI」】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ソーシャル・ベンチャーと「草の根SRI」のレポート Topへ