2008年06月16日

08年1-3月期資金循環統計~法人部門の資金余剰幅が再び拡大

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

■見出し

・部門別資金過不足(07年度):法人部門の資金余剰幅が再び拡大
・個人金融資産残高(07年度末と08年1-3月期末):減少幅が最大
・フローの動き :リスク資産から安全資産へ

■introduction

日本銀行が6月16日に公表した資金循環統計によると、07年度の民間非金融法人の資金余剰幅が再び拡大した(図表1)。
民間非金融法人企業は、98年度より連続して資金余剰主体となっていたが、景気拡大に伴う設備投資の広がりを受けて、03年度以降、その幅は縮小してきた(名目GDP比:05年度2.7%、06年度0.4%)。07年度は約10年ぶりに資金不足主体への転換の可能性があったが、足元の景気悪化に伴い設備投資に関してもかなり慎重なスタンスに変わったことで余剰幅が2.3%(同比)に広がった。
家計部門の余剰幅縮小の動きは03年度(0.7%)を底に上昇してきている。名目GDP比では99年度レベルに達している。

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【08年1-3月期資金循環統計~法人部門の資金余剰幅が再び拡大】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

08年1-3月期資金循環統計~法人部門の資金余剰幅が再び拡大のレポート Topへ